リコーのトナーがベスト!使いやすい設計【省エネ性能が高い】

期間修了後の扱い

女性

所有権移転か移転外か

会社で利用する事務機器の中でも重要性が高いのがコピー機です。最近は複合機タイプが多くなっていて、1台でプリンターやファクス、さらにスキャナーの役割なども備えるものが多くなっています。新品で新たに購入しようとすると数百万円かかるので、通常はリースで導入することが多くなります。こちらであれば帳簿上も資産計上されることなく、毎月一定の費用を支払うだけになります。一部資産計上しないといけないケースもあるので注意が必要です。コピー機をリース契約で利用するとき、契約にはいくつかの種類があるのでそれを把握しておきましょう。よくあるのは所有権移転外のファイナンスリースになります。期間が経過したらコピー機は業者に返却するのが前提の利用になります。この方法が向いているのは、従業員が多くて売り上げなどが伸びている会社かもしれません。将来的に業務が増えた時に、新しい機器を使った方が効率がアップします。一定期間ごとに新しい機種に乗り換えやすくなるリース契約です。その他のコピー機のリース契約として所有権移転のファイナンスリースがあります。こちらは契約時に期間満了時に所有権を移転するのを前提にしておきます。ですから期間終了後はそのまま使うことができます。古くなればそれなりに機能も古くなりますが、使えるなら故障するまで使いたいと考える会社もあるでしょう。期間終了後はもちろん利用料金を支払う必要がなくなるので、コスト削減ができます。あまり費用をかけたくない会社にいい仕組みでしょう。

Copyright© 2018 リコーのトナーがベスト!使いやすい設計【省エネ性能が高い】 All Rights Reserved.