リコーのトナーがベスト!使いやすい設計【省エネ性能が高い】

インターネットの利用例

固定電話

電話をIP化して利用する

会社では様々な機器を利用しますが、いくつかの機器を一つにまとめることで、コストを削減する方法がありますが、インターネット回線もその一つです。インターネット回線の契約は、いまや会社では必須となっていますが、このインターネット回線を利用して電話回線も合わせてしまう考え方があります。この考え方で作られているのが、IP電話というものであり、VoIPと呼ばれる技術を利用して、電話機能を実現するものです。VoIP技術を使うことで、音声をリアルタイムで送受信することが可能になり、通常の電話回線と同じ品質で話すことが可能になっています。企業向けのIP電話サービスでは、旧来の電話回線時に存在した交換機の役割をするものとして、IP電話サーバ(SIPサーバ)を設置します。SIPサーバにはビジネスで利用できるように、内線電話機能や複数の外線電話の受発信などができるようになっています。さらにSIPサーバでは付加価値を高めるものとして、ボイスメールや電話会議システム、テレビ電話サービスなども使えるようになっています。こういった機能を安価で実現することで、企業内の業務改善も合わせて行うことも、可能になってきております。なお従来の電話とはちがい、インターネット回線を使うことと専用サーバを設置するために、停電対策を行う必要があります。このようにインターネットを企業で利用するために、電話回線も合わせてしまうIP電話は、多くの企業で取り入れられているのです。

Copyright© 2018 リコーのトナーがベスト!使いやすい設計【省エネ性能が高い】 All Rights Reserved.